愛は百薬の長

わんわんにのちゃんを愛でる @619O319

末ズのすゝめ

みなさんこんばんは。世間に潤くんが大天使であることがバレるんじゃないかとヒヤヒヤしているみづきです。いや潤くんは大天使なんですけどね!!!世間のみなさん大正解ですよ!!!おめでとう!!!!

今日はそんな大天使潤くんと自担である二宮くん、つまり末ズの魅力について、にのあいと磁石強火のわたしが語るよ!


まず彼らについてどんなふたりなの?どんな関係性なの?というみなさん向けにざっくり説明するので、そんなのもう知ってるよ!早く末ズの仲良しわちゃわちゃが見たいんだよ!!っていう人は読み飛ばしてね☆

さて、上記した通り、二宮くんと潤くんは嵐の中の末っ子ふたりなので末ズと呼ばれているわけですが、なんと意外にも嵐内唯一の同い年コンビなのです!ふたりとも83年生まれ、誕生日は約2ヶ月しか違わないという運命。(こじつけ)
しかもこのふたり、デビュー前から仲良し(with あいばくん)で、デビュー時もふたりで仲良くバレーボールをしていたというエピソード付きのおたくが好きそうな匂いがするやつです。


さて茶番はここまでにして、如何に末ズがかわいくてかっこよくていじらしい沼なのか、わたしの主観でお送りします。

まず末ズを語るうえで(個人的に)超重要なのが、ふたりの身長に関するはなしです。上述の通り、デビュー前から仲良しだったわけですが、その当時の写真がこちら。(with 相葉)

?????


……はい、お気づきの方も多いと思いますが当時のふたりの身長はほぼ同じ、むしろ潤くんのがちょっと小さいくらいなのです。しかも当時の松本潤には現在のMJの雰囲気はカケラもなく、ただの天使。そう、ただの天使。声変わり前の可愛らしい声も相まって、もはや天使でしかないわけです。(何回言うねん)

成長期がちょっと早く来てしまった二宮少年(この頃から身長ほぼ変わってない)と成長期がちょっと遅かったエンジェルジュン。しかし今となってはこれがこう。

先日ラジオで、「去年167.8だった身長が168.1になった!だから俺は仕方なく168cmって言ってるんだぞ!(1mm妥協してあげてるんだぞ!)」と言っていた二宮くんと今やちゃんと173cmあるジューン。168cmの壁を何とか超えた二宮くんと170cmを優に超したジューン。二宮くんの心中お察しします……という気持ち。

しかしまあ想像してみてください。同い年であんなにちっちゃくてあんなにかわいかった天使が、いつの間にか自分より5センチも大きくなって、体格も良くなって、サングラスしてムロとカッコイイ対決したり、定期的にボビーオロゴンのモノマネをしている姿を。何度も二宮くんの心中お察ししたくなっちゃう。


しかしそんなことじゃふたりの絆は揺るがないのです。次にお話しするのはふたりがお互いのことをどう思っているかです。

まず二宮くん→潤くんですが、Jr時代と変わらずかわいいと思っているようです。(嵐の中で潤くんはいつでもかわいいポジ)

「嵐の中で一番かわいいのは?」という質問に、二宮くんは「潤くん。そんなイメージないでしょ?この前なんて、楽屋でなかなか開かないお菓子の袋にマジギレして、ポイッて投げ捨てたの。見てて超可愛い(笑)」と答えていたり、Jr時代「可愛かったから何かしてやりたかった」という小学生さながらの理由で潤くんに嘘をつき続けていたりした二宮くん。好きな子はいじめたくなっちゃうお年頃なんですね。

しかしその反面、カッコイイとも思っているわけです。じゃないとMJとか言い出さないしな!!というか松本潤はカッコイイし、こっちが普通の感覚なんだからな……


そして潤くん→二宮くんですが、これが全てです。

ノ`∀´ル 俺はニノの輪郭が大好きだ!!


末ズと言えばもうこの言葉に尽きます。この記事の内容8割型ここで終わってると言っても過言ではないくらい末ズ史に残る名言。ことごとく二宮くんの輪郭が大好きなじゅんくんと、されるがままの二宮わんこ。というか満更でもなさそう。かわいい。



というのは半分冗談で、このふたりのすごいところはこんなもんじゃないのです。

潤くんが「アクシデントが起こったとき必ず目が合うのはニノ」と語っていたように、末っ子なのにめちゃめちゃ気が利く上に、それが長年の信頼の上に成り立っているのがこのふたり。

Jr時代の弟ポジが見た目や性格的にときどきちょっと恥ずかしくなってアニキぶりたい潤くんに気付いて、時には弟ポジになってあげる二宮くん。

※左の人のほうが2ヶ月年上です

かと思えば、当時のまま潤くんをでろっでろに甘やかす二宮くん。

そうやって潤くんが自分のやりたいような立ち位置に回れるのは、二宮くんの前でだけだと思っています。長く一緒にいるからこその距離感だったり、信頼だったりが、にのあいや大宮と比べるとあんまり見えないふたりだからこそ、ふとしたときに見えるふたりにしかわからない雰囲気が沼なのです。付き合いたてのカップルだったり、兄弟だったり、ライバルだったり、仲間だったり。こんなにも雰囲気が変化するのは、嵐じゃ末ズくらいだな〜と最近は思います。


純日本人な顔立ちの二宮くんと顔の濃い潤くん。
友達がじゃない方芸人な二宮くんとイケメンのハブ空港の潤くん。
インドアな二宮くんとアウトドアな潤くん。
すぐに「無理だよぉ」って言う二宮くんとストイックな潤くん。


これだけ正反対なふたりの共通点ってなーーんだ!



それはズバリ、努力家なところ。
これはふたりっていうより嵐みんなに言えることだけど、努力を惜しまないところが似てる。コンサートだったり、歌や踊りだったり、演技だったり、努力の方向はそれぞれちがうけど、おなじくらい努力して、その努力をおなじくらい賞賛してる。これが嵐のあったかいところにもつながってるんだろうなっておもいます。


同じグループになって、一見違う方向に伸び始めたふたりだけど、見据える先は同じ方向。これからも飽くなき努力で上へ上へ進みつづけるふたりで、嵐であってほしいなあ。



余談ですが、コンサート中によく目に見えてイチャついたりするのもこのふたりです!(画像参照)




大体二宮くんがお兄ちゃんしてあげててかわいいね!!!

ものすごい深夜テンションでお送りしましたが、あなたも良い末ズライフを!!!!