愛は百薬の長

かずなりくんのぷにぷにほっぺ

「Are You Happy?」メイキングのダイマをさせてくれ

まずはじめに、「Are You Happy?」のDVDを見た感想は「…なんか地味じゃね?」でした。(超高速スライディング土下座)


わたしはもう10年近く嵐のファンだし、毎年発売されるコンサートDVDはヨダレと性癖を垂れ流しながら見てるんだけど、こんな感想を抱いたのは初めてで正直めちゃくちゃ困惑したし焦った。いやわたし嵐好きだよね?!って自問自答した。

そんな、嵐からの問いかけに「Yes!」と答えるのをためらってしまったわたしを「Yes! I'm happy!!!!!」と大声で言っちゃうまでにしてくれたメイキングの話をするよ!!



◎ 4人と1人

まず今回のメイキング、翔さん以外のメンバー4人のシーンがめちゃくちゃ多くて激烈に寂しかった……振り入れ、会議等々基本4人。あの忙しい翔さんがそこに加わることは数えるほどしかなかった。あの頃の翔さんはいつもより忙しさ3割増くらいでお送りしてたよ。

「俺のとこだけちょうど空いてんだよなぁ…」
4人の振り入れの動画を1人で見ながら呟いた翔さんが、何だかちょっと寂しそうな可愛い顔してたから、すっっっごい印象に残ってるなあ。お母さんが子供の成長を見るような目だった気がしなくもない。

4人と入れ替わりで1人レッスンルームに来た翔さんが、鏡のど真ん中に貼ってある4人からのメッセージを見つけるシーン、あゆはぴツアーのOPムービーでもちらっと映るわけだけど、4人からのメッセージはただただ連日の生放送やドラマのあれこれに疲れた翔さんをクスッと笑わせるようなものだった。練習に全然関係なく「転校する翔ちゃんへ」っていうテーマで書かれたんだろうな〜〜って安易に想像出来るようなメッセージに「これたぶんスベるだろうな」って思ってたのに、それを見て優しく笑ってる翔さんを見て、嵐のこういうところが美しいなと思った。翔さんに何かしらヒットしてたのですべてを許したし、そんなくだらない内輪ネタで笑えるなんて、やっぱり嵐はいつまでも5人で青春を謳歌してるしで課題に追われるだけの大学生活をしてるこちらとしてはめちゃくちゃ羨ましいぞ!!!


◎ 監修曲への責任

5人がそれぞれに監修した5曲について、潤くんがメイキングの中で少しだけ触れていて、

責任があるから、まずはそれ(監修曲)をどうにかしなきゃなって

監修曲はソロ曲とは違って、各々が「今の嵐」と向き合って考えた5人の曲。だからこそ責任が生まれる。もちろんソロ曲もコンサートのピースとして大切だけど、嵐は5人だし5人で嵐だから、ソロ曲以上に監修曲を大切にしてたイメージ。何か泣けるね。

監修曲についてメイキングで語ってたのは、潤くんと翔さんと相葉くん。潤くんは曲のイメージについて「横浜」って言ってて「さっすがMJ、シャレオツ〜〜」って思ったし、「同窓会」「久しぶりに集まった感じ」って言ってた翔さんの曲は、久しぶりに集まっても昨日も会ってたみたいにワイワイできる、嵐の良さが出ていたと思う。相葉くんは修行ブリッジがとにかく楽しそうだった。メンバー1人1人のことを思い浮かべながら、笑いながら作ったんだろうな〜〜(かわいい)相葉くんにとって嵐は「青春」らしいんだけど、わかりすぎて強めに頷いたら首がもげるかと思ったよ!!

それぞれが嵐と向き合った結果生まれた曲たちは、色んな雰囲気で、色んな曲調で、1つとして似たような曲はなかったのに不思議と全部「嵐」らしかったんだけど、その嵐らしさがメイキングっていう媒体を通して具現化してたから、魔法を見てるみたいだった。そういえばジャポのソロ曲で二宮くんが魔法の杖持ってたし遂に魔法を習得したのかもしれない。


◎ ソロ曲への向き合い方

滅多に汗をかかない智くんがあんなに汗をかいてるところを初めて見た。ソロ曲のステップを考えてる智くんは「え?サウナ行ってきました??」くらいの汗だった(当社比)なのにそんなの気にならないみたいにずっとステップを踏んでる姿は、リーダーだなって思った。こんな姿を見せられちゃ、リーダーって呼びたくなっちゃうだろうなって。こういう人のことを「超人」って言うんだろうなって。そこに映る智くんはリーダーでしかなかったので、ギャップに弱い人は気をつけてほしい。

二宮くんのソロ曲の振り入れのシーンは33歳アイドルと5才児が混同していて心が大変だった。これからダンスをするっていうのにクタクタの長袖スウェットに(無印良品と噂されている)ヘアバンド姿はアイドルしてなかったらほぼニートみたいだったけど、それでも振付師さんを見る二宮くんが真剣な顔をしててかっこよかったので、もうニートでもいいい、わたしが養います。しかも33歳アイドルとして踊ったあと、バックに付いてくれてる宇宙Sixの子たちのところにキャスター付きのイスに乗って突撃してた二宮くんは5才児にしか見えなくてわたしの中の母性が結構大きめな音を立てて爆発したのが聞こえた。


◎ やっぱり5人

そうは言ってもやっぱり5人でいるときが一番楽しそうだったよ!まあ嵐ってそういうグループだしね。TWO TO TANGOの振り入れで智くんが言ってた「翔くんを連れ去る!って感じ」が未だにわたしの中でヒットしてます。「連れ去る」って…(笑)最初見たとき翔さんがゾンビに襲われてんのかと思ったよ……(失礼)

会議中にリーダー使ってふざけ始めるとこも、こっそり乾杯してるのを潤くんに見つかって寝た振りで誤魔化そうとして失敗してるとこも、かっこいい選手権を屋上でやってるとこも!悔しいくらいに全部嵐らしくて拝みそうになった。わたしの好きな嵐がここにいた。

普段見られないような真剣な顔とか、テレビじゃ放送できないようなおふざけとか、当たり前すぎてあんまり語られなくなった5人の絆とか、ひとつのコンサートを作るのにどれだけの労力がかかってるかとか、見せてくれたのはほんの欠片かもしれないけど、それを見てようやく嵐の「Are You Happy?」っていう3時間が完成するんだなって。ステージの上できらきらしてる5人の目に映ってるのは、わたしたちファンとペンライトの光の海だけじゃなくて、これまで積み重ねてきた努力とか5人の思い出もあるんだなって。

「Happy」であることが当たり前になってしまったら、「Happy」だって気付けない。忙しくて、大変で、どうすればいいかわかんなくて、悩んで、苦しんで、また悩んで。そういう日々があるからこそ、コンサートの、DVDの3時間が「Happy」だって言える。通常版に収録した意味はたぶんそれだと思うんだ。誰でも「Happy」になれるように。派手な演出や特攻なんかなくても、一番「嵐らしい」コンサートだったって心から思います。だからわたしは胸を張って言うよ。

「Yes, I'm Happy!!!!!」



そんな「嵐らしさ」の詰まったメイキングとライブがセットになって、なななんと!!!5,833円+税!!!!しかも初回限定盤ではなく通常版なので誰でも焦らずお求めになれます。これを見ればあなたももっと嵐を好きになること間違いなし!!!お問い合わせは1999-011-0003まで!!!!