読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛は百薬の長

その丸まった背中が好きよ

2016年上半期まとめ

今週のお題「2016上半期」

2016年も半分終わりってことでこのお題。お題でブログ書くの初めてでちょっとどきどきしてます。お手柔らかに。

まず、この半年何があったけ?って考えたときに一番最初に思い出したのが元旦のこと。ジャニーズカウントダウン2015-2016をテレビで見てた。去年は放送がなかったから2年ぶりの放送にそれはもうウキウキしてました。5年ぶりに嵐さんが司会だったしね。1月1日が誕生日のKinKi Kidsの光一くんをお祝いして、2016年始まったな〜って思ったし、モンキー3の大野さんを見て、智くん今年で36か…って感慨深かったし。中でもジャニーズシャッフルメドレーの二宮くんの破壊力はすごかった。嵐の人たちはNEWSの「NEWSニッポン」を歌ったんだけど、「ピースのサイン」のところで二宮くんを抜いてくれたカメラさん本当にありがとう(感涙)って感じでした。なんでこんなに可愛いんだろうこの人、ほんとに今年で33?って思ったよ。終わってからすぐループしてました。嵐×NEWS楽曲は相性が良いからもっとやろう?ね?
それとコンビメドレーみたいなやつ。嵐からは潤くんと翔さんと智くんが出てたけど、事前アンケートで私が投票したのは二宮×相葉でした。2人とも何にも選ばれてなくて相葉担の母親とテレビの前で「今年も頑張ろうね」って強く握手したのはいい思い出です。(何)

新春は嵐さん忙しかったね。色んな番組のSPあったりしたし。まあ嵐さんの収録はきっと年内に終わってるだろうから忙しいのは私たちなんだけども。お正月から忙しく出来るのも毎年恒例になってるけど素直に嬉しいと思えるから嵐ってすごい。
二宮くんが新春SPドラマ「坊ちゃん」に出てたの、ちゃんと見ました。えらい。あの役すごい似合ってたと思う。ひねくれてる感じとか。(失礼)変わり者って言われるような役を演じさせたら上手いなっていつも思うから新年早々にのちゃんには降参でしたほんとに。

そのあと、2月に今年1発目のシングル「復活LOVE」がリリースされて、PVに生田斗真くんが出てくれて、あの同年代だからこその空気感にほっこりしました。楽曲提供が山下達郎さん夫妻ってどんだけ豪華なんだって思ったよ。嵐はここまで来ちゃったのかって。それに、この曲は色んな意味で嵐らしくない曲だったし。だけど、新年1発目にこの曲を選んだ嵐はどこまでも新しい可能性を模索してるんだなって思えました。でもPVメイキングめちゃくちゃ楽しそうで、二宮くんの言葉を借りるならやっぱり嵐は「変わらない進化系」なんだなって改めて思った。そんな2月でした。

3月に入ってすぐ、二宮くんが年末に公開された映画「母と暮せば」でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。あの日のことはたぶんずっとずっと忘れないと思います。「母と暮せば」っていう映画自体、すごく良い作品だったのは確かだし、もしかしたら二宮くん取っちゃうかなって思ってたけど、同じ壇上に上がっていた面々が豪華すぎてちょっとびびりました。だけど、同じ映画で黒木華ちゃんが助演女優賞を受賞したのを見て涙を浮かべて、自分のことみたいに喜ぶ二宮くんを見たら、この笑顔が見られただけでいいじゃないかって思ったのに、まさか取っちゃうなんてね。名前が呼ばれるまでどんな気持ちでその場にいたんだろう、名前が呼ばれてからどんな気持ちで壇上に上がったんだろう。まさか自分が選ばれるなんて思ってなかったのか、名前が呼ばれてカメラに抜かれたとき、二宮くんの顔がぱっと笑顔になったあの瞬間。おめでとうより先に本人差し置いてちょっと泣いた。二宮くんはきっと泣かないだろうと思ったから代わりに泣いてあげたんだようん。壇上に上がってスピーチをする二宮くんの顔を見て、去年悔しかったと語る二宮くんを見て、後輩の山田涼介くんが新人賞を受賞したことについて語る二宮くんを見て、好きになれて良かったなあって心から思いました。そんな二宮くんはわたしたちの誇りだよ。

3月の下旬にアリーナツアーの当落と、暗殺教室の卒業編がほぼ同時に公開になった。久しぶりに「当選」って文字見ました。2年半振りに見ました。当落の次の日、暗殺教室の舞台挨拶のライブビューイングに行ったんだけど、お手洗いで女の子たちが「アリーナ落ちてた」って会話をしてるのを聞いて、すごいものに当たってしまったんだという気持ちになって、舞台挨拶の壇上に上がってる二宮くんを見て画面越しじゃないこの人に今度会えちゃうのかってわくわくしたよ。
映画もすごく楽しかったです。二宮くんが二宮くんのビジュアルで出てくるシーンこそ少なかったけど、殺せんせーを演じる二宮くんはとっても優しくてさらに大好きになった。GANTZぶりのアクションシーン、見てるこっちはちょっとどきどきしてしまったよ。でも結局意外に身体能力高い二宮くんにどきどきもしたのでプラマイゼロです。

4月に智くんと潤くんのドラマが始まって、相葉くんの番組も始まって、怒涛の3ヶ月だって思ってました。そんな中でなんで野球大会出たんだろうにのちゃん。まあWSで楽しそうに後輩くんたちと野球してるにのちゃん見たらそんなのどうでもよくなったんだけど。お仕事に対するスタンスはいつも真面目なにのちゃんにとってああいう場所は大切なものなんだろうなって最近感じる。楽しく出来てたらわたしたちだって嬉しいもんね。あとああ見えて後輩くんたちのこと大好きだから、もっと触れ合わせてあげて〜!とも思います。

5月の最初に待ちに待ったアリーナツアー。もう我慢ならなくて、広島公演の前にあった福井公演のレポ読んじゃったよね。そしたら二宮くんめちゃくちゃ良かったって書いてあって、心の準備もままならなかったです。公演2日前に座席が発表されて、初めてのアリーナ席で心臓飛び出るかと思った。どきどきしながら当日を迎えて、広島に嵐の人たちいるんだって思ったの不思議だったなあ。全然関係ないけど、公演当日のあの、みんなが同じものに向かってわくわくソワソワしてる感じすごく好きです。作った「和」の団扇とペンライトを手に、泣きそう泣きそうって何回も言いながらコンサート始まって、「ただいま」のAメロの「会えない時間は君のことを考えてたんだいつだってそう」ってにのちゃんと潤くんが歌い始めたとき、5人のシルエットがセンターステージに浮かんだとき、近くて、狭くて、嵐生きてるって思ったら意外と涙なんて出なくて、わたし頑張ればいけるじゃんって思ってたら、2番のAメロでライトが当たって5人の顔を見た瞬間に駄目でした。嗚咽とかではなくて、ぽろぽろって感じだったと思う。綺麗に泣いたから褒めてください。アリーナのレポもちゃんと書きます。(すぐにとは言ってない)とにかくあっという間の2時間半、それなのに色んな景色を見せてくれてありがとうしかないです。やっぱり5人がいちばんでした。

それから5月の半ばに今年2枚目のシングル「I seek/Daylight」発売。「I seek」のPVがめちゃくちゃツボでしたありがとう。わちゃわちゃしてる嵐さんは重要文化財に指定されてもいいと思ってます。ダンスも可愛いし、5人のビジュアルも良いし、すべてにおいて最高なシングルでした。それこそカップリングにアリーナのテーマ曲「ただいま」が収録されていたんだけど、軽率に聴いてしまったためにまた泣きました。この記事を書くのにBGMにしてるんだけど、さっきから何回も泣きそうになってるしそろそろ末期だと思うの。

今月は二宮くんの誕生日があって、ワクワク学校大阪に登校した。なんとか二宮くんの誕生日の次の日の公演を当てて、おめでとうおめでとうって気持ちで授業受けて来たよ。ワクワク学校は2年目に行って以来だったから、やっと2年生になれました。完全に私情だけど、高校がセーラー服だったから高校生のうちに行きたかったなあって今でも思ってます。だいすきな二宮くんの誕生日を祝う企画とかはなかったけど、33歳になった二宮くんをいちばん早く見られただけで満足です。大好きな4人と笑ってる二宮くんがいる。ただそれだけで世界はこんなにも素晴らしいんだよ。アーメン。それにまさかの確率で櫻井先生の授業の協力も出来てしまったしね。その日のコンクールは二宮くんが優勝だったし、それが誕生日プレゼントなんだと勝手に思ってます。

こうやって振り返ると、この半年もわたしは二宮くんと、嵐と歩いてきたんだなあって思います。きっと、嵐を好きになった7年前からずっとこうやって5人と歩いて来てたんだなあって。嬉しいときも悲しいときも寂しいときも春も夏も秋も冬も、いつもそばには嵐がいて、二宮くんがいて。そうやってわたしの世界はきらきらしてたんだなって思ったよ。7年のあいだ、お互い歳を重ねたけど、わたしの目に映るあなたたちは7年前よりもきらきらしてると胸を張って言える。いつまでもあの5人はわたしの夢だと改めて思えた2016年の上半期。大好きな5人と、大好きな二宮くんと、たくさんのことを経験できて良かった。これからもよろしくなんて言わなくたっていつもそばにいてくれるんだろうけど、まずは目先の2016年下半期も一緒に歩いていきたいのでよろしくおねがいします。